フォレンジック調査

FRONTEOはフォレンジック調査のリーディングカンパニーとして、お客様のもとで起きているインシデントについて把握し、最も効果的でコストパフォーマンスの高い調査提案をいたします。調査はPC・スマートフォンをはじめとする各種デバイス・システム内のログファイル、ビックデータ解析まで多岐にわたり対応いたします。

フォレンジック調査とは

日本におけるデジタル・フォレンジック黎明期より、FRONTEOはさまざまな調査を行ってきました。

その経験をもとに、お客様のニーズに合わせた調査提案を行い、実行力のある調査を実施いたします。

「事例」についてはこちらをご覧ください。

フォレンジックとは

インシデントレスポンス(コンピュータやネットワーク等の資源及び環境の不正使用、サービス妨害行為、データの破壊、意図しない情報の開示等、並びにそれらへ至るための行為(事象)等への対応等を言う。)や法的紛争・訴訟に際し、電磁的記録の証拠保全及び調査・分析を行うとともに、電磁的記録の改ざん・毀損等についての分析・情報収集等を行う一連の科学的調査手法・技術を指します。

出典:デジタル・フォレンジック研究会HP

FRONTEOのフォレンジック調査サービス

高いコストパフォーマンス

インシデントが発生したクライアントから、状況について迅速・適切にヒアリングを行い、ゴール(解決したい事象)を明確に設定した上で、コストパフォーマンスの高い調査を提案いたします。

PC・スマートフォンはもちろん、多種多様なデバイスに対応

調査が可能な機器はPC・スマートフォンをはじめとする多くのデバイスとなります。また、各種サーバーやシステム内に保持されているログファイルも調査可能です。「対応範囲」についてはこちらをご覧ください。

さまざまなタイプの案件調査が可能

不正調査のみならず、企業内で起こる「労務問題」「セキュリティ事案」や「ビックデータ解析」などにも対応いたします。民事事件・刑事事件を問わず、調査可能です。「案件の種類」についてはこちらをご覧ください。

高い技術力と的確なアウトプット

長年にわたり、各法執行機関の捜査・調査部門に対してフォレンジック調査トレーニングを行ってきた実績と、多くのフォレンジック調査を対応してきた経験と技術力をもとに、お客様満足度の高いアウトプット(成果物)をご提供いたします。

「トレーニング」に関する詳細はこちらをご覧ください。

人工知能「KIBIT」を使用した効率的調査を提案

当社独自の人工知能「KIBIT(キビット)新しいウィンドウで開く」を使用し、大量のドキュメントの中に潜む、重要な証跡を効率的に調査いたします。

インシデントの可能性を感じた場合は・・・

インシデントレスポンスは「初動対応」が重要です。

社員による「情報持ち出し(漏えい)」「横領」「ハラスメント問題」などの内部不正、「ウイルス感染」によるセキュリティインシデント、特定の企業を狙った「標的型攻撃」「脆弱性攻撃」をはじめとする各種外部攻撃はフォレンジック調査を行うことで、事実の確認、被害範囲の特定が可能となります。

初動対応は関係者(ステークホルダー)への連絡・謝罪、監督官庁への報告、そしてマスコミやプレスリリースを通じた適切な報告に大きな影響をもたらします。また、取引先やエンドユーザーに対する報告は、第三者による調査結果でなければ、調査に対する信憑性を疑われてしまい、信用失墜やコスト増大につながる危険性があります。

お客様の中には、事実解明を急ぐあまり、書き込み防止措置を行わず証拠物を操作し、重要な証拠となるデータを意図しない操作によって上書きしたり、ウイルスの実行痕跡を不用意な操作によって消去してしまい事態の解明を妨げてしまうケースなどがあります。

また、調査結果は対応会社によって変わることもしばしば起こるため、係争中の裁判や、今後訴訟に発展する可能性がある事案での証拠保全、不正調査を依頼する調査会社の選定には注意が必要です。当社は全ての案件において訴訟に発展した場合に備え、証拠能力補完につながるChain of Custody(CoC)を作成し調査しています。

当社への問い合わせはこちらまでご連絡ください。

サービスフロー

当社の標準的なサービスフローは以下のとおりです。

よくあるご質問